ページの先頭です

ここからサイト内の主要カテゴリメニューです


ここから本文です

現在地は

平成25年04月01日

「新がん特約」と「新三大疾病特約」が新登場!

医療技術の進歩に伴い、三大疾病(がん・心筋こうそく・脳卒中)の治療方法も刻々と変化しています。そこで、最近の医療事情に対応した「新がん特約」と「新三大疾病特約」を新設し、平成25年4月1日より取り扱いを開始しました。

基本コースにご加入の満18歳から満69歳の健康な方がお申し込みいただけます(月掛金1,000円の総合保障1型にご加入の場合は満18歳以上満59歳までの健康な方)。

「新がん特約」および「新三大疾病特約」の概要につきましては下表で、詳しい保障内容につきましてはご加入のしおりにてご確認ください。

新がん特約新三大疾病特約

新がん特約 「新三大疾病特約」との重複加入はできません。

新がん特約保障内容
  • 「がん通院共済金」は、がんの診断確定日または「がん入院共済金」が支払われる入院の退院の日からその日を含めて1年以内の保障期間内の通院が保障の対象となり、あわせて60日分を限度とします。
  • 手術および先進医療の支払基準は当組合の定めによります。一部お支払いの対象とならない手術があります。
  • 満60歳・満65歳・満70歳になられて初めて迎える4月1日以降は、保障内容が上表のように変わります。
  • 先進医療を保障の対象とする基本コースや医療特約にご加入の方は、基本コースおよび医療特約の支払限度額(合計額)を超えた場合に新がん特約の「先進医療共済金」のお支払いの対象となります。

新三大疾病特約 「新がん特約」との重複加入はできません。

新三大疾病特約保障内容
  • 「がん通院共済金」は、がんの診断確定日または「がん入院共済金」が支払われる入院の退院の日からその日を含めて1年以内の保障期間内の通院が保障の対象となり、あわせて60日分を限度とします。
  • 手術および先進医療の支払基準は当組合の定めによります。一部お支払いの対象とならない手術があります。
  • 満60歳・満65歳・満70歳になられて初めて迎える4月1日以降は、保障内容が上表のように変わります。
  • 先進医療を保障の対象とする基本コースや医療特約にご加入の方は、基本コースおよび医療特約の支払限度額(合計額)を超えた場合に新三大疾病特約の「先進医療共済金」のお支払いの対象となります。

ここからフッターです

ご加入のお申し込み、資料請求はこちらから。お住まいまたは勤務地のある地域をお選びください。